2008年02月18日

投信の積み立て その1

こないだからいろいろ本を読んで(読んだ本はまた、後日こちらで紹介していきます)、ひとまずは投信の積み立てってところから入ってみようと決めました。じゃあ、どこの会社を使うか?それをここで考えてみたいと思います。
パッシブ運用をしている方にはスタンダードな考え方なので、いまさら…と思われるでしょうが、何しろワタクシは初心者。とりあえず、どんな方針で積み立てていくか簡単にまとめておきます。


・インディックスファンド(日本株式〈トピックス連動〉・外国株式・外国債券)に投資をしていく。
・ノーロードで信託報酬のなるべく低い(1%以下)ファンド、ただし、純資産の小さすぎないものを選択する。
・ファンドの分配金はないもの、もしくは年1回程度で再投資できるもの。
・できれば3本のインディックスファンドは1つの会社で積み立てる。
・自動積み立ての引き落とし口座は、銀行口座からがのぞましい。


とりあえずこんな基準で、狙ってる販売会社の情報をまとめていきます。なんとなくココ、と思うところもあるんだけど、いろいろ見ていると迷うんでデータとして残してみます。


【イー・トレード証券】
*証券総合口座の預り金(MRF受益証券の自動換金を含む)又は信用取引保証金からの振替により買付。
*web上から金額の変更手続きや、引き落とし日の設定が出来るようです。

国内株式
三菱UFJ-トピックスオープン
純資産 5,594百万円 分配金 年1回
買付手数料 なし 信託報酬 0.651% 信託財産留保額 なし
住信-STAM TOPIXインデックス・オープン
純資産 72百万円 分配金 年2回
買付手数料 なし 信託報酬 0.483% 信託財産留保額 0.05%
日興-インデックスファンドTSP
純資産 24,967百万円 分配金 年1回
買付手数料 なし 信託報酬 0.546% 信託財産留保額 なし

海外株式
SSGA-外国株式インデックス・オープン
純資産 8,859百万円 分配金 年1回
買付手数料 なし 信託報酬 0.9975% 信託財産留保額 0.30%
住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
純資産 271百万円 分配金 年2回
買付手数料 なし 信託報酬 0.7770% 信託財産留保額 0.05%

海外債券
プルデンシャル-PRU海外債券マーケット・パフォーマー
純資産 10,173百万円 分配金 年1回
買付手数料 なし 信託報酬 0.6825% 信託財産留保額 0.1%
三菱UFJ−世界国債インデックスファンド(毎月分配型)
純資産 1,748百万円 分配金 毎月
買付手数料 なし 信託報酬 0.7875% 信託財産留保額 なし
住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン
純資産 287百万円 分配金 年2回
買付手数料 なし 信託報酬 0.672% 信託財産留保額 0.05%


【カブドットコム証券】投信つみたてファンド星人
*引落は預貯金口座(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行)または証券口座(預り金)から選択できる。
*公式HPにはファンドに関する詳しい情報がなく、ちょっと見づらいですね〜。インディックスファンド自体が少ないのもちょっと難かなあ…。

国内株式
トピックスオープン(三菱UFJ投信) 買付手数料 なし

海外株式
ステート・ストリート外国株インデックス 買付手数料 なし

海外債券
三菱UFJ世界国債インディックスファンド(毎月配分型)
買付手数料 なし 信託報酬 0.7875% 信託財産留保額 なし



posted by まーにゃん at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。